美しくなる事こそ正義!

Just another WordPress site

Month: 12月 2014

色々試した経験から、泡洗顔がニキビに効果があったと言えます

そのくらいの投資と心構えがあったので、今の自分があると言っても過言ではないです。
兎にも角にも、肌にあった洗顔を見つけるのが第一歩です。
経験則になりますが、ニキビケアと書いてあるものこそ効果があったように思います。
あとはチューブタイプのもの、スクラブタイプのものは避けて、泡洗顔を使うことをおすすめします。
ゴシゴシと洗う感覚から、泡で洗う感覚に慣れていくことが大事です。
はじめは本当にこれで顔洗ったと言えるのかくらいに思えるかもしれませんが、2週間から1ヶ月くらいで全然結果が変わります。
実は友達の家に泊まりに行って偶然使わせてもらった「薬用ニキビ石鹸ノンエー」を今も使用しています。
友達がどんなものを使っているか聞くのがやや気恥ずかしかったのですが、勇気を出して聞いてみるのもよいと思います。
何より重きを置きたいのが、毎日洗顔するということです。
「継続は力なり」。このことばがニキビ対策以上に感じられたときはありません。
なりたい自分に近づくことは何も恥ずかしいことではないと思っています。
今、ニキビで悩んでいる人もまずは根気強く、できることからはじめてほしいです。

ニキビにはやっぱり泡洗顔

みぽぽ さん 女性 40代 主婦 混合肌

もう数十年前の話ですが、私の顔にもニキビが出ていた頃がありました。よく効くと言われる薬はたしかによくなるのですが、一時的なもので、またすぐに出てしまっていました。そこで、朝、晩と必ず顔を洗うようにしました。それも石鹸をつかって。
そうしたら、少しずつ出なくなりました。周りを見ると、比較的軽い、少ないほうだったから、この対処でよかったのかもしれません。それでも、鼻のてっぺんにできた時は痛かったし、恥ずかしかったなあ。
現在、長女、長男がニキビ年齢になりました。
やはり洗顔をしなさい!と言っているのですが、なかなかめんどくさいようです。なので、目立つニキビが出来たときには、ペアアクネクリームを塗るようにして、それ以外のときは、ニキビ洗顔料で、少なくとも夜の一回、できれば朝にもう一回洗うように言っています。
おかげで、高校生の長女はおでこにちょっとニキビがあるものの、それほど目立つものはない状態、長男は洗顔をさぼる割には、きれいなお肌をしています。
若いころになるのは、思春期ニキビでいいのですが、そろそろ、私も「それはニキビじゃなくて、吹き出物」と言われるお年ごろになりました。皮膚を修復してくれるビタミンCを飲みながら、まだまだ、ニキビつけて頑張っていきたいと思います。

ニキビではかなり悩みました

トーチ 男 20代 その他 普通肌

初めてニキビが出来た時はいつだったかは詳しく覚えていないのですが、小学生の高学年くらいだったと思います。
最初はこめかみの辺りに1個だけ吹き出物ができたなあくらいにしか思っていませんでした。そして自分の手で潰してしまったのです。

それはあまり良いことではありませんが、最初は知識がないのでそのようにしてしまいました。

それから中学生になるともっとニキビが増えてしまいました。その量はかなりのものであり、ちょっと不安になったのでニキビケア化粧品を使ってみることにしました。
ニキビができた部分に塗っておく薬のようなものです。それを塗っていたのですがなかなか効果が現れません。
そうなのでそれをやめて毎朝顔を洗うことにしました。でもそれをやっていると肌がすごくかさかさしてきて乾燥肌になってしまいました。
かなり危険な状態ですね。

それからもニキビは治らず高校生になってからもっと悪化してしまいました。
流石に自分の力だけではどうにもならないと思ったので皮膚科に相談をしてみると薬をもらうことができました。その薬はかなり効果があったと思います。
その結果として私はニキビを治すことができました。これからはニキビができたら刺激はしないようにしていきたいです。